安全第一が最優先 墜落防止策を確認 北海道労働局

2018.07.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道労働局(福士亘局長)は6月13日、NHK新札幌放送会館建設工事(施工:大林組・岩田地崎・田中JV)の現場を巡視した。

 福士局長は、鉄骨鉄筋コンクリート造6階建となる予定の新築現場でクレーン作業や仮設足場の設置状況などを点検。「死亡につながる墜落・転落災害の防止対策がしっかり採られている」と現場の取組みを高く評価した。「一人ひとりが常に安全第一を最優先に心がけてほしい」と、職員と作業員に労働災害の防止を強調した。

平成30年8月1日第2311号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ