特例で点検頻度緩和 機能安全の報告書まとめる 厚労省検討会

2016.05.08 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、「機能安全を用いた機械等の取扱規制のあり方に関する検討会報告書」を取りまとめた。機能安全の要求水準を満たした機械などについて特例措置を認めるもので、制御装置などの点検・検査の頻度を下げたり、ストッパーなどの機械式の安全措置を電子等制御の安全関連システムで代替することが可能になる。今年度中に省令改正を行う予定。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年5月15日第2258号

あわせて読みたい

ページトップ