違法残業が4割に 過重労働防止へ集中監督 厚労省

2018.05.11 【労働新聞】

 厚生労働省は、昨年11月に実施した過重労働解消キャンペーンにおける重点監督の実施結果を取りまとめた。対象事業場の約4割で違法な時間外労働が発覚している。

 重点監督は、過重労働による過労死などの労災請求があった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場など7635事業場に集中的に実施した。そのうち、65.9%に当たる5029事業場で労働基準関係法令違反がみつかり、是正勧告書を交付している。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年5月14日第3160号1面

あわせて読みたい

ページトップ