労務管理改善めざす ガイド作り講習会 エステ業界

2018.05.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大手も含めて労務問題で労使紛争に発展するケースが多いエステティック業界が今年度、対策に本腰を入れ始めた。約150社(サロン数=1100店)が正会員として名を連ねる一般社団法人日本エステティック業協会(天辰文夫理事長)は、労務管理に関する初歩的な知識をまとめたガイドブックを作成した。今月15日の東京を皮切りに全国で講習会を開く。

 使用者向けに作成しているが、「労使双方で手に取り、一体となって職場内の法整備に取り組んでもらいたい」との願いを込め、誰もが気軽に読めるよう極めてシンプルな作りとした=別掲。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月7日第3159号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ