溶接コンクールで熟練の技術を披露 日本ボイラ協会

2017.06.15 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (一社)日本ボイラ協会(刑部真弘会長)は5月11、12日、東京・港区の同協会内で第46回全日本ボイラ溶接士コンクールを開催した。大会には、被覆アーク溶接(厚板・中板)、炭酸ガスアーク溶接の部で68人が参加し、日ごろから磨いた安全な作業方法とアーク溶接の技術を審査員と見学者の前で披露した=写真

 ボイラーや圧力容器の溶接精度は、設備の安全に直結する。溶接した材料は約3カ月かけて検査を行い、11月17日に岡山県で開かれる全日本ボイラー大会で入賞者を表彰する。

関連キーワード:
平成29年6月15日第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。