ボイラー溶接コンクールを開催 安全作業と技能の精度競う 日本ボイラ協会

2021.05.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (一社)日本ボイラ協会は5月11~13日、第50回全日本ボイラー溶接士コンクールを開催した。昨年はコロナウイルス感染症防止の観点から中止としたため、2年ぶりの開催となった。感染症対策を講じたなかで協議が行われ、参加した競技者が職場で培った溶接の技術を競った。大会は、ボイラーや圧力容器の溶接に関する安全作業の確立とボイラー溶接士の基礎技能向上を目的に行っており、炭酸ガスアーク溶接、被覆アーク溶接(厚板/中板)の3つの部門に分かれて指定された競技材の溶接を行う。作業中の安全に対する配慮のほか、競技材の外観、X線透過検査などで溶接の出来を審査する。今年11月26日に開催する全日本ボイラー大会で成績優秀者を表彰する予定。

関連キーワード:
メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ