募集時に対策示す義務 20歳未満は立入禁止へ 従業員の受動喫煙防止で

2018.04.12 【安全スタッフ】

 政府は、健康増進法の一部を改正する法律案を閣議決定した。喫煙できる場所がある施設の従業員の「望まない受動喫煙」を防止するため、従業員の募集を行う者に対して、「どのような受動喫煙防止対策を講じているかについて、募集や求人申込みの際に明示する義務を課す」としている。詳細については今回の法律とは別に、関係省令などにより定めるという。また、多数の者が利用する施設などの管理権原者などは、20歳未満の者を喫煙可能場所に立ち入らせてはならないとした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成30年4月15日第2304号

あわせて読みたい

ページトップ