震災復興工事の安衛管理強化を 建災防提言

2018.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 元請の安全衛生管理の強化に向けた教材作成を――建設業労働災害防止協会は、震災からの復旧・復興工事における労働災害防止対策に関する国への提言を明らかにした。厚生労働省の委託事業である「東日本大震災および平成28年熊本地震に係る復旧・復興工事安全衛生確保支援事業」のなかで設置した有識者会議がまとめたもの。

 それによると、熊本地震関連工事について、元請による安衛管理を強化するため、元請として統括管理すべき事項や注文者として講ずべき措置を示したリーフレットなど教材を作成し、安衛教育で活用するよう提案。掘削作業などを人力で行うケースがあるとして、腰痛予防策に関するリーフレット作成も求めた。

平成30年3月26日第3154号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ