【スポット】生々しい事実に参加者あ然 送検事例の〝あれこれ〟明らかに/労研セミナー

2015.03.15 【安全スタッフ】

 死亡労働災害は全体で減少の傾向にある。これ自体、安全担当者の目指すところだが、一方でもしもの死亡災害が発生した時に、どう対応していいのかを知らない安全担当者もいるという。建設労務安全研究会では、そうした実情に対処するため、「労研セミナー」を開催。「建設業における労働災害送検事例研究」を解説した飛島建設安全環境部・星雅道担当部長の講演では、あまりにも生々しい事実にあ然とする参加者もいて、講義後には個人的に質問する姿も見られた。送検事例の実態を再現する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成27年3月15日第2230号

あわせて読みたい

ページトップ