技能実習 最賃違反で社長ら2人逮捕 月6万円しか払わず 証拠隠滅、調査妨害も 岐阜労基署

2016.04.06 【労働新聞】

 岐阜労働基準監督署(松宮利光署長)は、中国人技能実習生4人を最低賃金未満で働かせたとして、縫製業のフォレスト㈱(岐阜県羽島郡)の代表取締役と外国人技能実習生受入れ事務コンサルタントの2人を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで逮捕した。立入り調査の際に虚偽報告したうえ、証拠隠滅も図った。同地域の技能実習生の賃金額を指示した監理団体の代表理事も同条違反で書類送検している。1年目の技能実習生に1カ月当たり6万円しか支払っていなかった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月4日第3059号3面

あわせて読みたい

ページトップ