無許可派遣で事業停止命令 管理台帳作成にも不備 大阪労働局

2016.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局(中沖剛局長)は、厚生労働大臣の許可を受けないまま常時雇用していない労働者を事業場に送り込んでいた特定派遣元事業主の㈱ピー・エムコーポレーション(大阪府大阪市)に対して、1カ月の事業停止および事業改善を命令した。停止期間は平成28年3月8日~4月7日。同労働局による定期調査で提出資料などに不審な点があったことから違法派遣が発覚した。同社は25年12月~27年11月までの約2年間、学生など常時雇用していない労働者を少なくとも4417人日にわたって、ホテルやレストランなど複数の事業場に送り込んでいた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月28日第3058号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ