国際規格で説明会 承認され近く発行 中災防

2018.02.22 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、「ISO45001の動向とOSHMSの普及促進に関する説明会」を開催する。ISO45001の概要などを解説するとともに質疑応答の時間を設ける。1月28日現在、FDIS(最終国際規格案)への投票結果が公表され、投票義務がある61カ国中57カ国(93%)が賛成、全メンバー(66カ国)のうち反対が4カ国(6%)となり、FDISは承認されたと報告している。今後、ISO中央事務局が数週間かけてISO45001発行への準備を進めるという。

 説明会は、2月21日に東京、同26日に大阪、同27日に福岡、3月2日に宮城で開催予定。参加費は無料。問合せは☎03-3452-3472まで。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ