3年連続で賃上げに 格差是正へ期待 中堅中小の土台へ 金属労協

2016.03.28 【労働新聞】

 水準こそ前年を下回りつつも、3年連続の賃上げ回答が示された16春闘集中回答日(3月16日)。金属労協の相原康伸議長は、「底上げ、格差是正につながり得る回答引き出し状況と受け止める」と直後の会見で述べ、後続する中堅中小交渉の土台づくりに貢献できたことへの自負をのぞかせた。物価上昇がわずかな中、年明け以降の経済悪化にもめげずに労使が選択したベースアップの広がりに期待がかかる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年3月28日第3058号1面

あわせて読みたい

ページトップ