外国人雇用が最多 技能実習生は増加顕著に 厚労省

2018.02.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 外国人労働者が大幅に増加して過去最高の約128万人に――厚生労働省は平成29年10月末現在における外国人雇用の届出状況を明らかにした。雇用する事業所数も過去最多を更新している。

 外国人を雇用する事業者がハローワークに届け出た労働者数は、127万8670人。19年の届出義務化以降で最多だった前年同期に比べ、19万4901人(18.0%)増えた。増加要因として厚労省は、政府が推進する高度外国人材および留学生の受入れや、技能実習制度の活用が進んだことなどを挙げている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月12日第3148号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ