石綿で労災認定 895事業場公表 厚労省

2018.02.03 【安全スタッフ】

DSC02809 厚生労働省は、「平成28年度石綿ばく露作業による労災認定等事業場」を公表した。示された895事業場のうち新規は648事業場。事業場名や所在地、石綿ばく露作業状況など9つの情報を明らかにしており、厚労省のホームページで一覧表をダウンロードすることができる。

 公表の対象となったのは、平成28年度に石綿ばく露作業による労災認定を受けた労働者が所属していた事業場。平成17年7月の公表以来、今回分も含めて延べ1万2324事業場を公表している。石綿の取扱いがごくわずかでも、被災労働者の最終石綿ばく露事業場であれば、公表の対象になることを説明した。

 今回の内訳は、建設業が514事業場(うち新規公表451事業場)、建設業以外が381事業場(うち新規公表197事業場)。

掲載 : 安全スタッフ 平成30年2月1日第2299号

あわせて読みたい

ページトップ