災害現場偽り送検に 契約打切り恐れる 八王子労基署

2016.03.14 【労働新聞】

 東京・八王子労働基準監督署(細川和久署長)は、虚偽の労働者死傷病報告を届け出て、"労災かくし"を行ったとして、総合防水工事業の㈱大同ポリマー(東京都日野市)と同社役員を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年3月14日第3056号3面

あわせて読みたい

ページトップ