緊急雇用助成金1500万円返還命じる 休業中に就労させる さいたま地裁

2018.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

申請書の虚偽記載と断定

 1500万円以上の中小企業緊急雇用安定助成金を不正受給したとして、国がグレインマスターズ㈱(佐藤賢史代表取締役、情報サービス業)に返還を求めた裁判で、さいたま地方裁判所(大野和明裁判長)は全額返還を命じる判決を下した。同社は過失により誤った記載の申請書を提出したことは認めたが、故意ではなく、不正受給には当たらないと主張していた。同地裁は「軽微な記載誤りといえるようなものではない」と主張を全面的に退け、不正受給に当たるとした。

 同助成金はリーマン・ショック後の平成20年に創設された。従業員の雇用維持を前提に休業などを行った事業主に、賃金の一部を助成する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月29日第3146号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ