日本スーパー協・川野会長 「移民」導入含め検討を 労働力確保に向け

2018.01.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

外国人積極活用要請へ

画像はイメージです

 日本スーパーマーケット協会の川野幸夫会長は、12月25日の会見で「移民」導入を含め外国人労働者の積極活用を政府に働き掛ける方針を明らかにした。「小売店舗」が適用外の現行技能実習制度は使いづらいうえ、実習生本人が帰国後に希望する働き方ともミスマッチがあることが同協会の調査で判明しており、最低でも技能実習制度の要件緩和を求める。労働力減少は国のプレゼンス低下につながる安全保障上の問題だとも強調し、制度見直しに向け積極的に声を上げていくと語った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第3144号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ