三井住友海上火災保険 「段取り力」高め生産性向上 教科書など3ツールで

2018.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

働き方好事例集も作成

 三井住友海上火災保険㈱(東京都千代田区、原典之取締役社長、1万4650人)は、教科書・動画・チェックシートの3ツールを活用した段取り力を高める取組みを開始した。今年4月から社員に19時退社を求めており、生産性や仕事の質を高める必要があった。教科書には、仕事の優先順位の付け方などを記載している。仕事基礎力向上に資するサイト開設や、社内で進む働き方改革の好事例をまとめた冊子作成にも取り組む。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月25日第3142号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ