伐木で安全対策強める 若年者率上昇に対応へ 厚労省が検討会

2017.12.14 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、林業における労働災害が改善しない現状と若年者の入職が進んでいる実態を踏まえ、伐木作業の安全対策を検証したうえで、必要な措置を講じる方針を明確にした。このほど立ち上げた「伐木等作業における安全対策のあり方に関する検討会」の第1回会合で示されたもので、今年12月の論点整理を経て平成30年3月に報告書を取りまとめる予定だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月15日第2296号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ