特別教育を新たに創設 電気自動車の整備業務で 厚労省が検討会

2019.02.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の検討会は、将来的に電気自動車などの整備業務に対する需要の増加が見込まれるため、電気自動車などの整備業務に専門化した特別教育を新たに創設する方針だ。従来は「低圧電気取扱業務」の特別教育のなかに含めて対応してきたが、電気自動車などに特有の構造や作業に伴う危険性・有害性について、労働者に理解してもらうとともに必要な知識を提供することで、労働災害の防止につなげることが重要と考えたためだ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月1日第2325号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ