健康経営対策と社会貢献を両立 日清食品・新企画

2017.12.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日清食品ホールディングス㈱(東京都新宿区、安藤宏基代表取締役社長・CEO、連結1万1710人)は今月から、睡眠の質の改善、睡眠不足の解消などによる健康づくりとCSR活動推進の両面を実現する目的で新プロジェクトを開始した。睡眠時間などに応じて、飢餓や貧困に苦しむ子供たちの支援をしていく。

 4日から開始する「六十年寝太郎プロジェクト」がそれで、部署・階級を問わず社員の有志400人が参加する予定。

 専用の身体に着用するタイプの活動量計で睡眠時間を計測し、全員の睡眠時間が合計60年分相当の53万1000時間になった時点で、国連の「学校給食プログラム」などへ合計100万円の寄付をする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月4日第3139号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ