墜落災害対策を評価 徳島労働局が製造業巡視

2014.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 徳島労働局(樋野浩平局長)は昨年12月16日、年末年始無災害運動実施期間に合わせて、「徳島第12次労働災害防止計画」で重点業種としている製造業、建設業、林業への安全パトロールを行った。

 王子製紙㈱富岡工場を訪れた樋野局長は、管内の災害発生状況を紹介し、「年末年始の時期に、再度、安全衛生管理の強化を図っていただきたい」と挨拶。工場内の安全対策を確認し、ベテラン層に対する墜落・転落災害防止の教育が行き届いている点など管理対策を評価した。さらに、騒音対策や作業手順など今後の安全対策についても意見交換した。

平成26年1月15日第2202号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ