「集団分析」は努力義務に 支援ツールの開発も着手 ストレスチェックで報告書案 厚労省

2015.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、平成27年12月施行となるストレスチェック制度に関する検討会の報告書案を示した。公労使委員で義務とするか努力義務とするかで意見が分かれていたストレスチェック結果の集団的な分析の実施とそれに基づく職場環境改善の取組みについて、現時点では広く浸透しておらず手法も確立されていないとして努力義務とする方向で落ち着いた。ただ、多くの委員から義務化の必要性を訴える声が寄せられたことから、将来的には施行後の普及状況などを踏まえ、労働安全衛生法の見直しに合わせて、改めて義務化を検討することが適当としている。今後、集団的な分析の実施などを後押しする支援ツールの開発とともにモデルとなる好事例の収集に乗り出す考えだ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ