65歳以上まで雇用が76%に 29年集計結果

2017.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の平成29年高年齢者の雇用状況集計で、希望者全員が65歳以上まで働ける企業割合が75.6%に増加したことが明らかになった。対前年比で1.5ポイント増加した。70歳以上まで働ける企業は22.6%で、前年を1.4ポイント上回っている。

 希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度を導入している企業は全体の56.0%で、65歳以上の定年制導入は17.0%。

 従業員51人以上規模企業における60歳以上の常用労働者数は約315万人で、雇用確保措置の義務化前の平成17年に比べて約210万人増加した。

平成29年11月13日第3136号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ