働き方改革で日建協 「やらされ感」植えず 業界の行動計画に声明

2017.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

画像はイメージです

 ゼネコンのホワイトカラーでつくる労働組合が集う日本建設産業職員労働組合協議会(日建協・久保田俊平議長)は10月25日、日本建設業連合会(日建連・山内隆司会長)が9月に公表した働き方改革の推進策に対する「声明」を発表した。考えている方向性は労働組合も同じであるとしつつ、労働者に「やらされ感」を植え付けないなど4点の配慮を求めた。

 今後の国会審議を通じた成立を見込む改正労働基準法に創設される予定の「上限規制」は、自動車運転業務や建設業には改正法施行後一定期間の猶予を施す予定。建設業は5年の猶予を経て規制を適用する予定となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月6日第3135号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ