【今週の視点】均衡待遇の比較対象は?

2017.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「同一賃金」で法整備 期待される予見性向上

 「働き方改革促進法案」は、解散総選挙で出鼻をくじかれた形だ。国会上程は遅れるが、現時点で同一労働同一賃金関連は、平成31年4月1日の施行(中小は1年の猶予措置)を予定している。パート労働法と労契法の「守備範囲」を見直し、一般人にも分かりやすい体系に再編される。成立に至った場合の実務的な影響を、注目判例と絡めて考えてみたい。…

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月30日第3134号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ