【今週の視点】転勤要件に多様性維持を

2013.07.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

正社員ニーズ変動も “無限定”の価値問われる

 転勤範囲を限定する雇用区分の活用は、すでに多くの企業で取り組まれている。従来のコース別管理を正当化する手段にとどまらず、中高年者が出身地へのUターンに利用したり、就職浪人の正社員雇用につながった例もみられる。パート確保に悩む企業が多いなか、“無限定”の価値を問い直してマニュアル化を進めれば、寝た子を起こすことにもなりかねない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月8日第2928号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ