【今週の視点】パートの社保加入 懸念される規模間逆格差 段階的に雇保へ歩み寄り

2012.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

加入基準の法文化に意義

 パートの社会保険加入の問題は、ようやく方向性がみえてきた。当面、従業員規模501人以上、年収94万円以上、2016年施行等のアウトラインが示された。当初案より後退したとはいえ、外食・流通業界等の雇用政策に及ぼす影響は甚大といえる。加入基準の透明性も焦点で、「内簡」ではなく「法文」上にどのように明記されるかという点にも注意を払いたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月26日第2866号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ