【今週の視点】割増賃金 定額払いは「節約」にならず

2016.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働時間把握が必須 不払い残業の解消を

 厚生労働省が過重労働解消に向けた監督指導を強化するなか、賃金不払い残業の是正が進んでいる。残業代定額払いを導入したものの、定額部分を超えた残業に対して適切な割増賃金を支払っていなかったケースも多い。定額払いの導入を検討する企業は、「コスト(費用)節約にはつながらない」との意識を持ったうえで、労働時間を確実に把握するよう心掛けてもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月11日第3060号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ