嘱託職員に退職手当を 5~13回も反復更新 京都地裁

2017.10.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

正規職員規程の準用命令

 平成27年3月末に解散した一般財団法人京都市立浴場運営財団と京都市に対し、同財団の正規職員10人と嘱託職員4人が退職手当の支払いを求めた訴訟で、京都地方裁判所(藤田昌宏裁判長)は、同財団の清算人に約4700万円の支払いを命じた。嘱託職員について、職務の内容と人材活用の仕組みが正規職員と同じで、労働契約を5~13回反復更新した点を考慮し、正規職員と同一視すべき短時間労働者と判断。正規職員の退職金規程に基づき算定した退職手当を支払うよう命じた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ