ジョブ型正社員普及へ 「公正な処遇」がカギに 村木新事務次官会見

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の村木厚子事務次官は、同省内の記者クラブにおいて新任時会見を開き(写真)、「ジョブ型正社員」の普及・拡大に意欲を示した。

 最近、ジョブ型正社員拡大は、従業員の解雇をしやすくするという見方が出てきている点を憂慮、「これは建設的な議論とはいえない」と釘を刺した。

 多様な働き方推進は、厚労省で従来から取り組んできたもので、「今後しっかり育てていかなければならない。働き方が違えば、雇用保障の強さや処遇が異なるのはしかたなく、平等というより公正な仕組みをどのように作るかがカギ」と話している。

平成25年8月5日第2931号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ