1時間430円を支給 中小の職業訓練に助成金 東京都

2013.05.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は、中小企業が実施する短期職業訓練に対する助成金制度を創設した。従業員2人以上に実施するOff―JT(集合研修)が助成の対象で、職業能 力開発促進法に基づく認定職業訓練の要件を満たしていないために、これまで公的補助を受けられなかった小規模・短期訓練を支援する。

 申請できるのは、都内に本社または主たる事業所がある中小企業または中小企業団体。中小企業が独自に訓練を実施する場合、訓練時間が原則として6時間以上12時間未満の訓練が支給対象になる。従業員を教育機関に派遣して受講させる場合の訓練時間は、6時間以上20時間未満。中小企業団体が実施するものは、6時間以上を要件とし、上限はない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月13日第2920号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ