今年の新入社員 「創造力」が不足 大阪商議所調べ

2013.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年の新入社員は、規律性を備えているものの、創造力が欠けている――このように感じている上司・先輩社員が多いことが、大阪商工会議所の調査で分かった。調査は、入社1~3年目の社員の特徴を把握するため、新入社員らの上司・先輩に実施したもので、調査回答者の7割が係長・主任以上の役職者。

 12項目の社会人基礎力について、新入社員らが得意か苦手かを尋ねたところ、「得意」「やや得意」との回答割合が高い項目は、「規律性」(73.1%)と「傾聴力」(68.4%)。一方、「苦手」「やや苦手」は、「創造力」(79.6%)と「働きかけ力」(78.9%)がめだつ。

関連キーワード:
平成25年12月9日第2948号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ