職場の雰囲気重視は半数弱 東商・新入社員調査

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京商工会議所は「平成26年度中堅・中小企業の新入社員意識調査」結果を取りまとめた。就職先を選ぶ際に職場の雰囲気を重視する傾向が強まっている。

 入社した会社を選んだ理由をみると、「職場の雰囲気が良かった」と回答した割合が前年度比5.7ポイント増の46.7%で、「仕事の内容がおもしろそう」(53.9%)に次いで高かった。とくに女性社員の場合、「職場の雰囲気」を挙げた割合が57.5%に上る。東商では、「相談や協力が気軽にできる職場環境をアピールすることが、女性の新入社員を迎え入れるための重要なポイントになる」としている。

 調査は今年3~4月に実施し、新入社員878人から有効回答を得た。

関連キーワード:
平成26年6月23日第2974号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ