バス会社 2カ月間休日与えず 経営幹部3人を送検 神戸西労基署

2013.04.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「声かけやすい者」に集中

 兵庫・神戸西労働基準監督署(松本守生署長)は、バス運転者に約2カ月間休日を与えなかったとして旅客自動車運送事業者の山陽バス㈱(神戸市垂水区、310人)と同社代表取締役ら3人を労働基準法第32条(労働時間)、同35条(休日)違反の疑いで神戸地検に書類送検した。バス運転者に36協定の限度を超えて56日間連日就労させたほか、営業所助役に最高122時間の時間外労働を行わせるなどした。同社は「声をかけやすい者に業務を回し過ぎた」としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月15日第2917号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ