共同シンポ初開催 働き方改革は主体的に 経済4団体と連合

2017.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連、日本商工会議所、経済同友会、全国中小企業団体中央会の経済4団体と連合の主催で9月22日に東京で開かれた「働き方改革 労使シンポジウム」の会場はおよそ600人近い聴衆であふれ、初の試みにもかかわらず関心の高さが際立った。

 冒頭、連合の神津里季生会長は、今年2月の経団連と連合のトップ懇談会が本シンポジウム開催のきっかけだったと振り返り、労使の主体的な取組みを社会にアピールしたい――そんな共通の思いを具現化したと切り出した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年10月9日第3131号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ