経団連と事例集を 同一賃金で連合

2017.01.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は、政府による同一労働同一賃金ガイドライン案に含まれていない「グレーゾーン」の事例集をまとめる方針だ。

 1月19日にの中央執行委員会で確認し、正規・非正規の賃金格差を、「問題となる例」「ならない例」として事例的にまとめたガイドライン案の不足を補う考え。

 逢見直人事務局長は16日の春闘セミナーで、「できれば使用側の日本経団連とともに”手引”のようなものを作りたい」と話していた。

平成29年1月30日第3098号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ