労務リスク予防へ損保業と連携 中企団

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中小企業福祉事業団(川口義彦理事長)は、損害保険ジャパン日本興亜㈱(二宮雅也社長)と連携し、中小企業への労務リスク予防サービスを開始した。都道府県労働局などに寄せられる「職場のいじめ・嫌がらせ」に関する相談が増加しており、労働条件などに関連した相談件数全体も高止まり傾向にあるため、中小企業における労使トラブル防止を図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ