労務問題解決のサービスを提供 中企団

2016.06.07 【労働新聞】
 社会保険労務士団体の中小企業福祉事業団(川口義彦理事長)は、このほどソニー生命㈱と提携し、経営者や企業の人事・労務担当者に対して、経営状況を診断するサービスの提供を開始する。診断は、助成金、メンタルヘルス対策、就業規則、退職金、労務リスクの5項目で実施。15問程度の質問に回答してもらうことで分析レポートを発行し、企業の抱える問題を明らかにする。…
この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年6月6日第3067号3面

あわせて読みたい

ページトップ