損賠請求回避へ 態勢整備が必要 メンタルセミナー

2013.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人事労務コンサルティング業の㈱ブレインコンサルティングオフィス(東京都)は、人事労務担当者を対象に「メンタルリスク・マネジメントセミナー」を東京都内で開いた=写真

 講師を務めた根岸勢津子㈱プラネット代表取締役は、メンタル疾患による労働災害の請求・認定が最近7~8年で3倍以上に増加している現状を紹介。被災労働者やその家族などへの損害賠償金額が高額になることも少なくないため、労災の未然防止に向けたメンタルヘルスケア態勢の構築を訴えるとともに、具体的な手順を説明した。

平成25年2月4日第2907号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ