「健康投資」で企業価値向上 経産省と厚労省連携

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

手引書作成し普及積極化

 従業員の健康増進を経営課題と捉えて「健康投資」の積極化を――経済産業省はこのほど、「企業の『健康投資』ガイドブック」を作成、厚生労働省と連携して普及促進を図る方針である。「健康投資」は、企業が健康の保持・増進、疾病予防に主体的にかかわり、組織の活性化、企業業績の向上、企業イメージのアップなどをめざす将来に向けた投資と位置付けている。同ガイドブックでは、「健康経営チェックリスト」などを通じて、現状の確認と今後の取組み事項が分かるようになっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ