合同会社説明会 26年春卒業者に両立支援策PR 東京経協が初開催

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京経営者協会(三浦惺会長)は2月26日、平成26年春の大学卒業予定者向けの合同会社説明会を開催した。同協会会員企業の強い要望を受けて初めて開催したもので、人材確保に熱心な企業30社が参加した。大学キャリアセンターを通じて告知したところ、学生約200人が集まった。

 企業ブースごとに、30分間の会社説明を5回にわたり実施=写真。事業概要や採用計画のほか、育児支援制度の充実、女性活用など、仕事と家庭の両立やダイバーシティへの取組みを積極的に紹介する企業がめだった。

平成25年3月11日第2912号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ