派遣法の早期成立を 9月施行へ準備必要 経済3団体

2015.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連、日商、経済同友会の経済3団体は、連名で労働者派遣法改正案の早期成立を求める声明を発表した。9月1日の改正法施行に向け、対応準備が必要としている。

 声明によると、今回の派遣法改正を、①派遣事業の許可制一本化による業界健全化、②派遣労働者のキャリアアップ強化、③複雑な派遣期間制限の改善――などを押し進めるもので、現行制度の大幅な見直しになると指摘した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年8月10日第3028号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ