女性警備員拡大へ委員会 女性経営者が参集 東京都警備業協会

2015.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

トイレ問題や技量向上へ

 一般社団法人東京都警備業協会(白川保友会長)は今年度、会員企業の女性経営者だけで結成した委員会=すみれ会を発足させた。女性活用という社会の動きに対応するため、女性経営者だけで委員会を結成してはどうかという同協会理事会での提案が実現したものである。すみれ会では、女性警備員の入職拡大に向け、更衣室やトイレなど女性特有の問題を検討していく一方、警備技量の底上げやハラスメント防止に向け、様ざまな研修会などを実施していく予定である。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月3日第3027号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ