時間単位休暇が必要 介護と仕事両立で調査 京都勤労学園

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 家族の介護にかかわるために時間単位の介護休暇制度が必要と考える労働者が4割に――こんな実態が公益社団法人京都勤労者学園の「勤労者世帯における仕事と介護の両立に向けてのアンケート調査」結果で明らかになった。調査は昨年秋、京都府内の労働者を対象に行い、2309人の回答をまとめた。全体の6割が30~40歳代。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月23日第2974号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ