前政権の要求を「徹底して精査」 25年度予算入替え

2013.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前政権の要求内容を徹底精査――厚生労働省は、平成25年度予算概算要求の「入れ替え案」を財務大臣に提出した。

 民主党政権時代の要求内容を「徹底して精査」したうえ、「復興・防災対策」「成長による富の創出(民間投資の喚起、中小企業・小規模事業者対策など)」「暮らしの安心・地域活性化」の3分野に重点化した要求に入れ替えたとしている。その上で、財政状況の悪化を防ぐため、前政権時代の歳出の無駄を最大限に縮減した。麻生財務大臣が、前政権時代のマニフェストなどに基づく要求の意義を見直すよう指示していた。補正予算と当初予算を合わせ「15カ月予算の考え方」で切れ目なく執行する方針。

ジャンル:
平成25年1月28日第2906号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ