保険料完納率48%強へ低下 国民年金調査

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省が実施した平成23年国民年金被保険者実態調査によると、21年度と22年度の保険料を完納している者の割合が48.6%となり、前回の20年調査を5.3ポイント下回った。

 逆に未納者は26.2%で、前回調査を2.6ポイント上回った。仮に世帯総所得が500万円以上あったとしても「保険料が高く、経済的に支払うのが困難」との理由で納付しないケースが多数あるという。

ジャンル:
平成25年1月21日第2905号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ