災防団体運営を検証 専門家で評価会議開催 厚労省

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、労働災害防止団体運営評価会議(座長・今村肇東洋大学経済学部教授)を初めて開催した。各労災防止団体が設置趣旨に沿って適切に運営されているかを、外部有識者からなる同評議会が年1回、中立的な立場で検証し、助言する。

 評価の中心となるのは、①ガバナンスの改善(理事数、支部数)、②必要な事業継続に向けた財務の改善(会費、経費節減)、③適切な業務運営(目標管理、安全衛生調査研究活動など)――の3つで、専門的、客観的に検証するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月21日第2905号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ