支援の対象を大手にも拡大 労働移動助成金

2014.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、4月から労働移動支援助成金を拡充した。支給対象を大企業に拡大するとともに、支給額引上げを実施している。

 支給対象は、従来、中小企業に限定し、再就職委託費に対する支援割合を原則2分の1としていた。拡充後は、大企業の再就職委託費への支援割合を2分の1、中小企業への同支援割合を3分の2に引き上げた。対象者が45歳以上の場合は、同じく大企業3分の2、中小企業5分の4とした。

 併せて受入れ人材育成支援助成金を創設。再就職援助計画の対象労働者を雇い入れまたは移籍によって受け入れた事業主へOJTや、Off-JTの訓練時に支払った賃金(1時間当たり700~800円)と実費相当(上限30万円)を助成する。

平成26年4月21日第2965号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ